« わた教 | Main | DS Lite »

Monday, June 25, 2007

救命講習会

今日(24日)は朝から自治会の関係で消防署へ「普通救命講習」っていうのを受けに行ってきました。

心臓や呼吸が停止した人が倒れていた場合の救命処置で、「心肺蘇生法」と「AED(自動体外式除細動器)の使用方法」についての講習でした。

説明を聞いても、いざ実際に行うのは難しいですね。手順を考えちゃう。
なんとか間違えずに一連の作業ができましたが。
やはり見たり聞いたりしているだけじゃできませんね、実際にやってみないと。

で、今日、それがわかっただけでも良かったんじゃないかってことが一つあります。
それはAEDのこと。
使い方は電極を貼って機械の指示通りにすればいいのだけど、そもそものAEDの役目は何か?ってことです。
今日まで、それは、止まった心臓を電気ショックで動かすんだと思ってました。

でも実は、いわばそれとは全く逆のことだったのです。

心臓が止まる前に細かくブルブル震えるような動きをする、これを心室細動と言うらしいですが、
AEDはこれを止めるもの、いわば心臓の動きを止めるものということです。
その上で心臓マッサージにより正常な動きを取り戻させるってことなのです。
なのですぐに心臓マッサージを行う必要があると言われました。
(まれに電気ショックで正常に動きだすケースもあるそうです。)

AEDで電気ショックを与えただけではダメなんですね。
勉強になりました。

心肺停止の状態では、救命処置が早ければ早いほど生存の確率も高いということなので、もし自分がそのような場面に遭遇したら、率先して救命処置をしなければ!と思った講習会でしたが、はたして、実際にできるかなぁ?(^^;ゞ

|

« わた教 | Main | DS Lite »

Comments

The comments to this entry are closed.